【ハナヘナ】染めた後に毛先から水分が滴り落ちるのはなぜ?

【お知らせ】新しい生活様式に伴うお客さまへのお願い

【お知らせ】リバースの新型コロナウイルスにおける3密対策

【お知らせ】リバースの新型コロナウイルスにおける感染症対策

【お知らせ】新型コロナワクチンを接種される方へ

新潟県長岡市の髪と地肌にやさしい
大人のマンツーマンヘアサロン
RIVERS(リバース)です。

【ハナヘナ】染めた後に毛先から水分が滴り落ちるのはなぜ?

【ハナヘナ】染めた後に毛先から水分が滴り落ちるのはなぜ?

今回は「ハナヘナ染め」について。

リバースの人気メニュー、天然植物100%の
草木染めの白髪染め、ハナヘナ染め。

先日、お客さまから染めた後に毛先から水滴が
落ちてくるくらいしっとりと濡れているので

もっときちんとタオルで拭いてくださいって
言われたんですね。

これはハナヘナ染めあるある髪質の問題なんです。

実はお客さまの髪、特に毛先が傷んでいる
タオルドライをしていても
どんどんと水分が出てくることがあるんです。

毛先が傷んでいるから水分が毛先に集まる!?

ハナヘナ染めをする前にアルカリカラーや
一般的な白髪染めをしていた場合や

パーマ、縮毛矯正ストレートをしている方
なんかはより毛先にかけて髪が傷んでいる状態です。

傷んでいる髪というのはどういう状態かといいますと
髪表面のキューティクルが剥がれていたり
髪の中身のコルテックスが流出しています。

そうなると髪の毛の中身がないもんだからスカスカで
スポンジみたいな状態になっているんですね。(イメージ)

するとスポンジだから水分を吸ってしまうような
状態になっています。それを親水性といいます。

続いて例えば伸びてきた根元のみをハナヘナ染めで
リタッチ染めをしたとしましょう。

伸びてきた新生部は傷んでいませんし
ハナヘナ染めをすることでより髪を吸いにくい状態
になります。

それを疎水性といいます。

それでハナヘナ染めをした後は根元が疎水性、
毛先が傷んでいれば親水性の状態になっているため
より毛先に水分が溜まりやすくなってしまうんですね。

ですから
お客さまが感じた毛先の水分が残っているというのは
正解なんですがお客さまの髪質の問題でもあるんです。

1回タオルドライをしても次第にまた根元・中間の水分が
毛先に移動してくるためなのか、
毛先から水滴がまた出てくることもあります。

なのでお客さまからしたらもっとちゃんとタオルで
拭いてよね!不快よ!プンプン!と
お思いかもしれませんが髪の毛の仕様です。(苦笑)

水滴が出てくればその都度、
タオルドライを繰り返して乾かしていくのでご安心ください。

ハナヘナ染めを続けていくことで傷んだ部分がなくなれば
親水性の部分もなくなって今度はより早く髪が乾くように
なるので快適になります。

ローマは一日にして成らず。
美髪もまた1日にして成らず。なのです。

また、

  • 髪は減点法
  • 髪は傷んだら治らない

が髪の毛の原理原則ですので
傷んだ部分はカットしてなくならない限りは
治ることはありません。

ハナヘナ染めで一時的に疎水性にすることはできても
髪の毛が治っているわけではないんですね。

次第に伸びたら毛先をカットするを繰り返すことで
水分を吸いやすい部分がなくなっていきます。

それまでは特に染めた直後は根元と毛先の性質の
ギャップでこのような現象が起こることがあります。

また、ハナヘナ染めをしていても
パーマや縮毛矯正ストレート、デジタルパーマをした場合は

同じく毛先が傷んでしまうことで
毛先に水分溜まる問題が出てくることがあります。

これもハナヘナ染めをした根元と毛先のダメージの違い、
疎水性と親水性のギャップで起こる現象です。

まとめ

今回は「ハナヘナ染め」について。

ハナヘナ染めをした直後に毛先に水分が
滴るほど出てくるのはタオルドライが甘いのではなく、
以前のカラーやパーマで毛先が傷んでいるからです。

ハナヘナ染めをした部分は疎水性になり、
傷んだ毛先部分は親水性です。

その髪の性質の差で毛先に水分が集まって
起こる現象です。

ハナヘナ染めを続けていくとや
伸びた毛先を徐々にカットすることで

次第に疎水性の部分が多くなってくるので
より乾きやすい髪になります。

ハナヘナ染めをしていてもパーマや縮毛矯正ストレート、
デジタルパーマなどをした場合は同様の現象が
起こることがあります。

【ハナヘナ】染めた後は根元が最後に乾くイメージで乾かしているよ!?

引用:リバースブログ

RIVERS(リバース)

ハナヘナ染め、ヘナ染めをしてみたい方へ↓

・New!【初めての方限定メニュー】 はじめてのハナヘナ染め限定価格はじめます。

・ハナヘナ染めをする場合の注意点

・ハナヘナ染めをする場合の注意点 その2

・そもそもヘナってなんなの?

はじめての方へ ・店内の様子

お客さまの声 ・Q&A

メニュー ・地図

長岡市の髪と地肌にやさしい
大人のマンツーマンヘアサロン
美容室 美容院 理容室
RIVERS HAIR FORUM
リバース ヘア フォーラム

RIVERSのホームページ

rivers

https://rivershair.com/

RIVERSの公式ブログ

https://rivershair.com/blog

RIVERSの公式FBページ

リバース公式FBページ

RIVERS公式Instagram

リバース公式Instagram rivershairforum

RIVERSのLINE公式アカウント

アカウント名:RIVERSHAIRFORUM ベーシックID:@672qvrde

友だち追加


マンツーマン担当のためお早めのご予約
をお待ちしています。

はじめての方もお気軽にご連絡くださいね。

TEL(0258)32-2351

そのほかLINE、メール、FBページ、InstagramのDM、メッセンジャーからでもOKです。

おまけ:
1日1回リバースを応援ありがとう!(笑)
今日のRIVERSの順位をチェック!


新潟県長岡市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長岡情報へ
にほんブログ村

編集後記:

お客さまからしたら
なんでもっとタオルで水分を拭き取らないの!?
っと不思議に思っていたと思いますが

ハナヘナ染めをすることによって
そういう現象が一時的に起きてしまうんですね。

そのへんがハナヘナ染めは以前のヘアカラーや
白髪染めと違う部分です。

そんな面倒なことでもないんですが
ハナヘナ染めは自分の都合に合わせるのではなくて
ハナヘナ(草)の性質に合わせるという
考え方、気持ちが必要です。

ハナヘナ染めをすると髪が一時的に疎水性に傾くことで
水分が出たり傷んだ毛先はギシギシするいわゆる
ヘナショックが起こります。

ですがこれはヘナという草の性質ですので
変えようがありません。

その草の性質を知って理解したうえで
ハナヘナ染めをしていく必要があります。

でもなんらむずかしいことではありません。
慣れれば何とも思わなくなるからです。(笑)

ハナヘナって不思議~♪
ハナヘナ染めって面白い~♪と
前向きに考えて楽しんでいただければと思います。

ハナヘナ染めは髪の毛を傷めずに白髪染めができる
唯一のものだと私は考えています。

続けることでサラサラ、ツヤツヤになるし
収まりもよくなる、ボリュームも出る、乾きも早くなる。
こんな優れたヘアカラーは今のところどこにもありません。

そのかわりに染まりにくいとか色が選べないとか
不便なこともありますがデメリットを上回る
メリットがあると思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください