【RIVERS通信】オーガニックカラーとハナヘナの違い Vo.158

【お知らせ】新しい生活様式に伴うお客さまへのお願い

【お知らせ】リバースの新型コロナウイルスにおける3密対策

【お知らせ】リバースの新型コロナウイルスにおける感染症対策

【お知らせ】新型コロナワクチンを接種される方へ

新潟県長岡市の髪と地肌にやさしい
大人のマンツーマンヘアサロン
RIVERS(リバース)です。

【RIVERS通信】オーガニックカラーとハナヘナの違い Vo.158

【RIVERS通信】オーガニックカラーとハナヘナの違い Vo.158

今回は「RIVERS通信」。

9月にご来店のなかったお客さまのために
RIVERS通信Vo.158の内容の一部をご紹介します。

オーガニックカラーとハナヘナ染めの違い

オーガニックカラーと聞くとイメージ的に
髪や地肌に優しそうな感じがしますが

残念ながらカラー剤の構造は
従来のアルカリカラー(酸化染毛剤)とほぼ同じです。

オーガニックカラーには髪や地肌を傷める原因の
アルカリ剤過酸化水素水を使用しています。

さらには皮膚アレルギーの原因にもなる
ジアミン染料などの化学染料も配合されています。
(パラフェニレンジアミン等)

ハナヘナ染めは天然植物100%

オーガニックカラーハナヘナ
アルカリ剤×
過酸化水素水×
化学染料×
シリコン(被膜剤)×

それに対してハナヘナ染め天然植物100%の植物染料
お湯で溶いて染めるだけで化学薬剤不使用です。

上記の表を見ると
オーガニックカラーという名前のイメージが似ているだけで
その中身は全然違うものだとお分かりいただけると思います。

オーガニックカラーは髪や頭皮を傷める原因の
アルカリ剤過水化学染料シリコンを使用しているのに対して

ハナヘナ染めではそのすべてが不使用、化学薬剤不使用、
ケミカルフリーなんですね。

ですからオーガニックだから髪や地肌にやさしいのではなくて
化学薬剤不使用だから髪と頭皮にやさしいのです。

オーガニックカラーで染めたら髪が傷んだとか
頭皮がしみたというお話を聞きますが

そもそもカラー剤、白髪染めとしてまったく違うものに
なりますのでご注意ください。

まとめ

今回は9月にご来店のなかったお客さまのために
RIVERS通信Vo.158の内容を一部ご紹介します。

オーガニックカラーとハナヘナ染めの違い

オーガニックカラーは髪や頭皮を傷める原因の
アルカリ剤過水化学染料シリコンを使用しているのに対して

ハナヘナ染めは化学薬剤不使用、ケミカルフリーです。

オーガニックだから髪や地肌にやさしいのではなくて
化学薬剤不使用だから髪と頭皮にやさしいのです。

オーガニックカラーで染めたら髪が傷んだとか
頭皮がしみたというお話を聞きますが

そもそもカラー剤、白髪染めとしてハナヘナ染めやヘナ染めと
まったく違うものになりますのでご注意ください。

【カラー】オーガニックカラーとハナヘナの違い

RIVERS(リバース)

ハナヘナ染め、ヘナ染めをしてみたい方へ↓

・New!【初めての方限定メニュー】 はじめてのハナヘナ染め限定価格はじめます。

・ハナヘナ染めをする場合の注意点

・ハナヘナ染めをする場合の注意点 その2

・そもそもヘナってなんなの?

はじめての方へ ・店内の様子

お客さまの声 ・Q&A

メニュー ・地図

長岡市の髪と地肌にやさしい
大人のマンツーマンヘアサロン
美容室 美容院 理容室
RIVERS HAIR FORUM
リバース ヘア フォーラム

RIVERSのホームページ

rivers

https://rivershair.com/

RIVERSの公式ブログ

https://rivershair.com/blog

RIVERSの公式FBページ

リバース公式FBページ

RIVERS公式Instagram

リバース公式Instagram rivershairforum

RIVERSのLINE公式アカウント

アカウント名:RIVERSHAIRFORUM ベーシックID:@672qvrde

友だち追加


マンツーマン担当のためお早めのご予約
をお待ちしています。

はじめての方もお気軽にご連絡くださいね。

TEL(0258)32-2351

そのほかメール、FBページ、InstagramのDM、メッセンジャーからでもOKです。

おまけ:
1日1回リバースを応援ありがとう!(笑)
今日のRIVERSの順位をチェック!


新潟県長岡市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長岡情報へ
にほんブログ村

編集後記:

植物原料97%のオーガニックカラーと
植物原料100%のハナヘナ染め。

その違いはたった3%では
カラー剤の構造、仕組みは全く違うものになります。

オーガニックカラーはアルカリカラーなので
アルカリ剤で髪の毛を開いて過酸化水素でメラニン色素を
破壊して化学染料で色を入れる、白髪を染めます。

ハナヘナ染めはケミカルフリー、お湯で混ぜるだけです。

自然とヘナやインディゴの植物染料が髪の毛にしみ込んで
染まるだけです。

髪を傷めて染めるか髪の毛を傷めないで染めるという
まったく違うものになります。

ですからオーガニックカラーだから何回染めても傷まない
というのは大嘘で100%オーガニックカラーだけが
何回染めても髪を傷めないということになります。

例えば
果汁97%だけど砂糖も保存料も人工香料、人工甘味料も
入っているオーガニックオレンジジュースという名前のジュースと

果汁100%の無添加の天然オレンジジュースは
全然違いますよね?

名前やイメージが似ているだけでも全然違うものになります。

こういった言葉のトリック、マジックや謳い文句に
気をつけるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください