【Q&A】お家で生え際だけ染められるものはありますか?

【お知らせ】新しい生活様式に伴うお客さまへのお願い

【お知らせ】リバースの新型コロナウイルスにおける3密対策

【お知らせ】リバースの新型コロナウイルスにおける感染症対策

【お知らせ】新型コロナワクチンを接種される方へ

新潟県長岡市の髪と地肌にやさしい
大人のマンツーマンヘアサロン
RIVERS(リバース)です。

【Q&A】お家で生え際だけ染められるものはありますか?

ヘアカラー

今回はお客さまの質問にお答えするQ&Aのコーナーです。

Q.お家で生え際だけ染められるものはありますか?

A.あります

白髪染めをしてから次のご来店まで生え際分け目など
伸びてきた部分が気になりますよね。

染毛剤にも色々と種類があります。

染毛剤の種類

お家で比較的お手軽に染めれるものとなると
半永久染毛料一時染毛料になります。

半永久染毛

半永久染毛料とはアルカリ剤ブリーチ剤過酸化水素水など
髪や頭皮を傷める成分を使わずに白髪が染められる染毛剤です。

ヘアマニキュアヘアカラートリートメントなどがそうです。
最近はヘアカラートリートメントが人気ですね。

一時染毛料

その時だけ染めてシャンプーで落ちてしまうものは一時染毛料と呼ばれています。

ヘアマスカラヘアファンデーションなどがそうですね。

お家で簡単に染められる染毛剤は?

お家で簡単に白髪が染められる染毛剤(染毛料)は
ヘアカラートリートメントとヘアファンデーションですね。

ヘアカラートリートメントはチューブから出して染めるだけですし
最近のものはシャンプーの後につけて流すだけのものもありますね。

ヘアファンデーションは気になる部分にパフで
トントンと付けるだけです。

今までヘアカラーをお家でしたことがない方でも
比較的簡単に染められるのがヘアカラートリートメントと
ヘアファンデーションです。

ハナヘナで染めている方はお家でもハナヘナで生え際だけ
染められてもいいですね。

リバースで販売している染毛剤は?

当店リバースで現在常時販売している染毛剤(染毛料)には
先ほど紹介したヘアカラートリートメントと
ヘアファンデーションは残念ながらありません。(苦笑)

両者ともお取り寄せで対応させて頂くことはできます。

今やネット通販やドラッグストアでも販売していますので
こだわらなければそちらもおすすめしています。

リバースで現在販売している染毛剤となると
シャンプーで洗う必要がある
ヘアカラートリートメントハナヘナになります。

ハナヘナもおすすめ!

説明してきた中でも一番髪と頭皮を傷めないのが
天然植物100%のハナヘナになります。

色や染まり具合は髪質によって限られてしまいますが
ご来店のお客さまには部分染め用のグラム単位の量り売りも
しています。

生え際や分け目だけなら10gあたり¥200(税抜)で販売していますので
かなりおすすめです。

自分で染めるのはちょっと面倒、できない、という方には
塗るだけヘナというメニューもありますので
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

【ハナヘナ】隠れメニュー!?塗るだけヘナとは!?

RIVERS(リバース)

はじめての方へ ・店内の様子

お客さまの声 ・Q&A

メニュー ・地図

長岡市の髪と地肌にやさしい
大人のマンツーマンヘアサロン
美容室 美容院 理容室
RIVERS HAIR FORUM
リバース ヘア フォーラム

RIVERSのホームページ

rivers

https://rivershair.com/

RIVERSの公式ブログ

https://rivershair.com/blog

RIVERSの公式FBページ

リバース公式FBページ

マンツーマン担当のためお早めのご予約
をお待ちしております!^^

はじめての方もお気軽にご連絡ください
ね。

TEL(0258)32-2351

おまけ:
1日1回リバースを応援ありがとう!(笑)
今日のRIVERSの順位をチェック!


新潟県長岡市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長岡情報へ
にほんブログ村

編集後記:

はっきりいってヘアカラートリートメントで
全体を染めればかなりコストを抑えられるんですけど

なかなか全頭、特に後ろまできれいに根元から染めるっていうのは
むずかしいんですよね。

特にヘアカラートリートメントは髪質によっては
染まりづらいこともあります。

染まりづらい原因には使う量や放置時間が
足りてないことも多いんですね。

私たちプロは根元だけのリタッチ施術で全頭で120gほど使いますから
ヘアカラートリートメントはだいたい200g入りがほとんどですから
1回で半分以上使う計算量になります。

ハナヘナでいうと1回で100g入りの半分の50gをお湯で溶いて
全量で200g使いますからそれなりにコストもかかっているんですね。

それに施術時間と技術料、水道光熱費や空間コストなど含めたサービス料金、
施術料金となっています。

あ、あとヘアカラートリートメントは
トリートメントという名前がついていますが
頻繁に使い続けると髪が硬くなって乾燥しますので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください