【日本代表U-23】シリアに負けて予選敗退!!日本 1-2 シリア

新潟県長岡市の髪と地肌にやさしい
大人のマンツーマンヘアサロン
RIVERS(リバース)です。

【日本代表U-23】シリアに負けて予選敗退!!日本 1-2 シリア

高校サッカーで素晴らしい試合が続いている中で
タイで行われているAFC U-23選手権2020タイが
開催されています。

アジア勢が東京オリンピック出場を目指す大会なんですが
ホスト国である日本代表も出場しています。

日本代表は開催国なのでもちろん試合結果に関わらず
東京オリンピックでは出場できるんですが

今大会は東京五輪前の重要な国際試合の場でも
あったわけです。

そんな中で日本代表U-23は予選のグループリーグを
2敗して予選敗退!喝ですね。(苦笑)

AFC U-23 予選グループリーグ
日本 1-2 シリア

初戦にサウジアラビアに負けて最低でも
引き分け以上の結果を求められていたんですが

先制されて6バックの強固な守備固めのシリアに対して
ゴールを割ることができませんでした。

ダイジェスト

9分、VARのPKから失点

前半すぐにペナルティエリアでシリア選手と
接触した時にVAR(ビデオアシスタントレフェリー)になって
主審が検証した結果、危険行為とみなされたのかPKと
なりました。

VARはもう運といっても仕方ないですね。
接触したのかどうかリプレイビデオで見ても
よくわからなかったですからね。

30分、相馬のゴール!

最近のU-23でいいなぁと思えた選手の一人が
MFの相馬勇紀(名古屋)ですね。

小柄ながらドリブルでの突破力もありますし
サイドからのクロスも上げられる、運動量も豊富で
頼もしい存在です。

その相馬が自ら持ち込んでそのままゴール!

ここで試合は1-1のイーブンに持ち込んだんですが
引き分けでもよしとしたシリアが守備の時は6バック気味に
引いて完全に守りに入ってしまいました。

87分、2失点目

この状態を崩すことができず決定機も
少なく得点を得ることができない中で・・・

疲れが出てきてミスからのカウンターを食らって
追加点を決められてしまいました。

シリアの強固な守備からのカウンターに
まんまとハマったことになります。

このまま試合終了、予選敗退と相成りました。

まとめ

う~ん、
気温も高くて湿度も高い厳しい気候条件の中で
辛いのはわかりますが今大会での日本代表U-23は
ミスからの失点が多かったように思います。

メンバーも主力を呼べない中でのBチーム、
普段やっていないので連携もいまいちでしたね。

攻撃陣も動きがなく上田は決定機も少なく沈黙。
唯一の海外組の食野(めしの)も前の試合で1得点は
したものの周りとの連携が取れず影が薄かったですね。

キャプテンというかチームを引っ張っていく存在も
いなかったのでオーバーエイジ枠で本田圭佑
呼ばなくてはいけないかもしれません。
(選手兼コーチとして 苦笑)

予選敗退という結果になってしまいましたが
逆にこれはこれで主力は温存して見せなかったことに
なりますから手の内を隠すことに成功できたんじゃ
ないでしょうか?(笑)

国内世論が変わって森保監督が解任されなければ
いいですがどうなることやら。

日本代表U-23は東京オリンピックまでにメンバーや
オーバーエイジ枠の再考を迫られることになりますね。

頑張れ日本!
東京オリンピックではメダルゲットだぞ!

RIVERS(リバース)

RIVERS 店内の様子

はじめての方へ ・店内の様子

お客さまの声 ・Q&A

メニュー ・地図

長岡市の髪と地肌にやさしい
大人のマンツーマンヘアサロン
美容室 美容院 理容室
RIVERS HAIR FORUM
リバース ヘア フォーラム

RIVERSのホームページ

rivers

https://rivershair.com/

RIVERSの公式ブログ

https://rivershair.com/blog

マンツーマン担当のためお早めのご予約
をお待ちしております!^^

はじめての方もお気軽にご連絡ください
ね。

TEL(0258)32-2351

おまけ:
1日1回リバースを応援ありがとう!(笑)
今日のRIVERSの順位をチェック!


新潟県長岡市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長岡情報へ
にほんブログ村

編集後記:

予選のグループリーグは初戦で負けると
ほかの国との試合内容も左右されますから
2試合目は非常に厳しくなってきます。

選手たちもBチームなので頑張ればAチーム、
東京オリンピック代表に選ばれるので
アピールする最後の場ともなります。

そんな中で逆にミスをしないように
安全なプレーをしてマイナス評価にならないように
と消極的なプレーが多かったようにも思います。

こういった短期日程の大会では
先制点や先勝が優位に働くんですね。

中東や南米の選手のような狡猾なプレーも
必要になってきますね。

あとは俺が日本代表を勝利に導くんだという
リーダーシップを持った選手が現れることですね。

体は大きい選手も増えてきましたが日本代表を背負うからには
自覚を持って気持ちも大きい選手になってほしいですね。

この2試合には若手の成長を期待しての喝!ですね。

守備を固める相手に対してどうやって得点を
こじ開けるのか?

攻撃陣の停滞に対しての対処、
上田や小川の沈黙、ボールが集まらない、

シャドーに入った森島や食野、田川や旗手が
ボールを回せない、

3バックの安定性、パスミスを減らす工夫、
カバーリングなどなど改善点はいくつもありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください