【美容ニュース】美容最前線 最新技術で髪や頭皮への負担が激減!?

新潟県長岡市の髪と地肌にやさしい
大人のマンツーマンヘアサロン
RIVERS(リバース)です。

【美容ニュース】美容最前線 最新技術で髪や頭皮への負担が激減!?

髪にまつわるお話

今回もまたネットで美容ニュースを探してきました。(笑)

白髪染め最前線 最新技術で髪や頭皮への負担が激減

NIKKEI STYLEより
白髪染め最前線
画像:NIKKEI STYLE 以下同

最近の白髪染めは髪や頭皮のダメージが
減らせているというニュースです。

これには理由があってこのニュースで
おすすめしているのはヘアカラートリートメント
ヘアマニキュアタイプの白髪染めだからです。

従来の白髪染めは2剤混合式

従来の一般的なヘアカラー、白髪染めは
2剤混合タイプ。(酸化染毛剤)

1剤:アルカリ剤、酸化染料
2剤:過酸化水素水
を混ぜることによって白髪を染めています。

このアルカリ剤過酸化水素水
髪や頭皮への刺激ダメージになるんですね。

さらには人によって酸化染料がかゆみやかぶれの
原因になります。

ヘアマニキュアは1剤式

それに対してヘアマニキュアやヘアカラートリートメントは
1剤式。混ぜずにそのまま使います。

アルカリ剤も過酸化水素水も配合されていませんし
酸化染料も配合していません。

ですから髪や頭皮を傷めにくいというお話ですね。

でもそのかわりにヘアマニキュアやヘアカラートリートメント
に配合されている酸性染料塩基性染料というのは
色落ちが早い!

さらには地毛を明るくできないということで
2剤式の白髪染めの方が一般的なんですね。

最新の染毛剤も従来のヘアカラートリートメントと同じ!?

そこで最新の染毛剤はどういうものかという
説明なんですが

んん!?

なぜかどういった染料を使っているかの説明がなくて
キューティクルとキューティクル表面のコルテックス内に
染料が定着と書いてありますがこれってつまり

ヘアマニキュアやヘアカラートリートメントと
同じですよね!?

よりよく染まるということですが
数回に渡って染め続ける必要があると
説明されていますので

これまた従来のヘアマニキュアタイプと同じです。

どこが最先端なんでしょうか?(苦笑)

なになに?なるほど、

黒髪の元であるメラニン色素の着色成分が
入っているんですね。

でもそれ以外の内容成分を見てみますと・・・

水、エタノール、エタノールアミン、
ベヒニルアルコール、ステアリルアルコール、
ジメチコン etc・・・

ほとんどヘアマニキュアやヘアカラートリートメントと
ほぼ一緒ですね。

酸化染料や塩基性染料の代わりの化学染料
入っているだけです。

ほんとうに髪の傷みが少ないのか?

私がヘアマニキュアやヘアカラートリートメントで
気になっているのは髪や頭皮が傷まないと言われているのに

頻繁にご自分で染めている方の髪を見ると
とても傷んでいるということなんですね。

髪がゴワゴワ硬くなってとても乾燥しています。

つまり傷んでいるということです。

それは配合されているエタノールやアルコール類、
さらにはジメチコンなどの被膜剤のせいでは
ないかと思うんですね。

さらには酸性染毛剤

酸性なので髪が収れんして引き締められ過ぎて
被膜で固まって硬い質感になってしまうんだろう
と思います。

ヘナも1剤式?

リバースで扱っているヘナ、ハナヘナ
お湯で溶きますがヘアマニキュアやヘアカラートリートメント
と同様の1剤式のようは方式です。

アルカリ剤や過酸化水素水を使わずに
化学染料も入っていない自然の天然染料
100%植物染料です。

ですから髪や頭皮へのダメージはまったくと
言っていいほどないに等しいです。
(※草に負けてかぶれることはあります)

同様に髪表面のキューティクルや内部のコルテックスにも
少し浸透して染まります。

つまりは昔からある天然染料のヘアマニキュア・
ヘアカラートリートメントのようなもんなんですね。

さらにはエタノールやジメチコンなども入っていないので
性質上同じ酸性や弱酸性の染毛剤といえますが
髪が硬くならないんし乾燥しないんですね。

染めて流した直後はダメージヘアの部分では
酸性の収れん作用でゴワゴワすることがあります。
(ヘナショック)

でもダメージしていない人は油分、トリートメント
やヘアオイルをつければ全く問題なくむしろ
サラサラになります。

そう考えるとどんな最新、最先端の化学技術でも
天然の植物原料であるヘナより優れた染毛剤は
ないということになります。(笑)

そのかわりに色は選べませんし髪質によっては
染まりづらい方もいます。

ほんとうに髪や頭皮が傷まないというのは
ヘナしかないと思います。

っと自店の有利な方向へ誘導しておきます。(笑)

まとめ

最先端の美容技術だからといって
髪や頭皮へのダメージが激減しているわけでは
ありません。

最先端のといっても基本的な構造は昔からある
ヘアマニキュアでありヘアカラートリートメントと
同様だからです。

エタノールや被膜剤のせいでダメージはしてしまう
んですね。

2剤式の白髪染めよりはダメージが少ないということは
ありますがこれは今までもそうなので目新しいことでは
ありません。

新しく被膜に頼らない染料や染毛剤が出てきてくれれば
いいんですね。

そのほかの髪にまつわるお話はこちら↓

ブログカテゴリ:髪にまつわるお話

RIVERS(リバース)

ハナヘナをしてみたい方へ↓

・【初めての方限定メニュー】はじめてのハナヘナ染め3回コース

・ハナヘナをする際の注意点

・ハナヘナで染める際の注意点その2

・はじめてヘナをする場合はどうしたらいいの?

・そもそもヘナってなんなの?

RIVERS 店内の様子

はじめての方へ ・店内の様子

お客さまの声 ・Q&A

メニュー ・地図

長岡市の髪と地肌にやさしい
大人のマンツーマンヘアサロン
美容室 美容院 理容室
RIVERS HAIR FORUM
リバース ヘア フォーラム

RIVERSのホームページ

rivers

http://rivershair.com/

RIVERSの公式ブログ

http://rivershair.com/blog

マンツーマン担当のためお早めのご予約
をお待ちしております!^^

はじめての方もお気軽にご連絡ください
ね。

TEL(0258)32-2351

おまけ:
1日1回リバースを応援ありがとう!(笑)
今日のRIVERSの順位をチェック!


新潟県長岡市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長岡情報へ
にほんブログ村

編集後記:

ヘアマニキュアやヘアカラートリートメントの
あの塗ったぁ~っていう染料感と一時的にツヤサラに
なる人工的な被膜感が私は嫌なんですね。(笑)

だからうちにはヘアマニキュアはないんです。

さらには髪が傷まないっていってるけど
私からしたら傷んでいるんですね。

だってゴワゴワ硬くなって乾燥しているんですから。

色落ちと頭皮が染まる、シャンプーしたら手や爪まで
染まってしまうっていうのが難点です。

それからするとヘナの方が有利かなぁと
思うんですね。

だって天然植物100%ですよ?

ロハスでエシカルな染毛剤じゃないですか?(笑)

ロハス(LOHAS)・・・健康や地球環境にやさしい生活様式のこと

エシカル(ethical) ・・・倫理的活動、環境保全や社会貢献

ヘナよりロハスでエシカルな染毛剤はないと思います。(笑)

前回の日記↓

【美容ニュース】髪のダメージを瞬時にわかる計測器が爆誕っ! | 長岡市の髪と地肌にやさしい大人のマンツーマンヘアサロンRIVERS(リバース)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です