【生活】新潟県内の新型コロナウイルスの感染者が2人増えて139人に(8月23日時点)

【お知らせ】新しい生活様式に伴うお客さまへのお願い

【お知らせ】リバースの新型コロナウイルスにおける3密対策

【お知らせ】リバースの新型コロナウイルスにおける感染症対策

新潟県長岡市の髪と地肌にやさしい
大人のマンツーマンヘアサロン
RIVERS(リバース)です。

【生活】新潟県内の新型コロナウイルスの感染者が2人増えて139人に(8月23日時点)

新潟県 新型コロナ
画像:にいがた経済新聞

新潟県内新型コロナウイルスの感染者が
2人増えて累計で139人目の確認となりました。
(8月23日時点)

新潟県内138人目は燕市の50代女性会社員

新潟県内138人目は燕市の50代女性会社員です。
県内130例目の20代男性医療機関職員の濃厚接触者
母親になります。

新潟県内130例目は燕市の20代男性医療機関職員

引用元:リバースブログ 2020.8.18

感染確認までの経緯

  1. 19日に濃厚接触者としてPCR検査をするも陰性
  2. 21日に喉の痛み発熱下痢の症状。
    帰国者・接触者外来で検体採取。
  3. 22日にPCR検査の結果、陽性判明。

16日以降は自宅で過ごしていて出勤もしていませんでした。

新潟県燕市で新たな新型コロナ感染者を確認

引用元:にいがた経済新聞

新潟県内139例目は新潟市西区の20代男性個人事業主

新潟県内139例目(新潟市内93例目)は東京都在住で
仕事で新潟市西区に滞在している20代男性個人事業主です。

感染確認までの経緯

  1. 15日から仕事で新潟市に滞在。
    その日の午後から鼻水倦怠感
  2. 16日に39度台の発熱
  3. 17日と18日に医療機関を受診。
  4. 21日に医師会新型コロナ外来を受診、PCR検査
  5. 22日に陽性判明。

現在は市内の病院に入院中ですが症状はないです。
症状が出た15日の午後以降は仕事を休み、
人と接触する場所へは外出していないということです。

仕事は単独ではなく同業者8人と新潟市に来ていて
西区の仕事用賃貸など2ヶ所で4部屋に分かれて
滞在していました。

行動歴、濃厚接触者は現在調査中です。

新潟市で新たに新型コロナウイルス感染者を1名確認

引用元:にいがた経済新聞

まとめ

新潟県内新型コロナウイルスの感染者が
2人増えて累計で139人目の確認となりました。
(8月23日時点)

新潟県内138人目は燕市の50代女性会社員です。
県内130例目の20代男性医療機関職員の濃厚接触者
母親になります。

新潟県内139例目(新潟市内93例目)は東京都在住で
仕事で新潟市西区に滞在している20代男性個人事業主です。

前回の新潟県内の新型コロナウイルスの感染状況 2020.8.20

【生活】新潟県内の新型コロナウイルスの感染者が2人増えて137人に(8月20日時点)

RIVERS(リバース)

ハナヘナをしてみたい方へ↓

・【初めての方限定メニュー】はじめてのハナヘナ染め3回コース

・ハナヘナをする際の注意点

・ハナヘナで染める際の注意点その2

・はじめてヘナをする場合はどうしたらいいの?

・そもそもヘナってなんなの?

RIVERS 店内の様子

はじめての方へ ・店内の様子

お客さまの声 ・Q&A

メニュー ・地図

長岡市の髪と地肌にやさしい
大人のマンツーマンヘアサロン
美容室 美容院 理容室
RIVERS HAIR FORUM
リバース ヘア フォーラム

RIVERSのホームページ

rivers

https://rivershair.com/

RIVERSの公式ブログ

https://rivershair.com/blog

RIVERSの公式FBページ

リバース公式FBページ

マンツーマン担当のためお早めのご予約
をお待ちしております!^^

はじめての方もお気軽にご連絡ください
ね。

TEL(0258)32-2351

おまけ:
1日1回リバースを応援ありがとう!(笑)
今日のRIVERSの順位をチェック!


新潟県長岡市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長岡情報へ
にほんブログ村

編集後記:

燕市の方の例ですと、一度検査で陰性だったんですけど
その後に体調の変化があり再検査したところ陽性となりました。

これが新型コロナウイルスの難しさでPCR検査はどうしても
後手に回ってしまうという部分です。

感染していても発症しない限り(ウイルスが増えていない状態だと)
陽性判明が出ないことがあるからです。

ですから単純にPCR検査の数だけを増やしても意味がないんです。
検査して陰性だからといってすぐに出かけられるわけではないんです。

海外では入国者に14日間の待機、自己隔離にしているのは
こういった例があるからなんですね。

さらにPCR検査には偽陰性、偽陽性という問題があります。

PCR検査の感度は70%程度といわれていて、
ほんとうは感染しているのに陰性と判明されてしまう人が
30%も出てしまうんです。(偽陰性)

さらにほんとうは感染していないのに陽性と判明されてしまう例が
1%程度いるということです。(偽陽性)

なので検査の人数を増やせば増やすほど偽陰性、偽陽性の人が
増えてしまうことになります。

ほんとうは感染しているのに偽陰性と判明された方が
外出してしまうとどんどん感染を広げてしまうことになりますし

例えば10万人検査すると偽陽性の方が1,000人も出てしまうことになります。
さらにその家族や会社、学校関係などの方が濃厚接触者となってしまい
自宅待機や経過観察となってしまうとさらに社会は大変なことになります。

本当にPCR検査は必要か?

引用元:医療法人社団悠翔会HP

新型コロナウイルス暴露からの時間とPCR検査の偽陰性率

引用元:清水クリニック

ですから例えば旅行前にPCR検査をして陰性だったからといって
自分は絶対に大丈夫というわけにはならないんですね。

その検査のときだけ陰性なだけですし、
感染しているけどまだ発症前かもしれないからです。

しかし新潟県の例を見ていると県外の感染流行地域の東京などの
都市部からの往来があるとどうしても感染してしまう例が多いですね。

やっぱり現代の関所を作るしかないのでしょうか?(しつこい?笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください