【J2アルビ】ホーム最終節を負けて6位で終了! 第42節 新潟 0-2 町田

【お知らせ】新しい生活様式に伴うお客さまへのお願い

【お知らせ】リバースの新型コロナウイルスにおける3密対策

【お知らせ】リバースの新型コロナウイルスにおける感染症対策

【お知らせ】新型コロナワクチンを接種される方へ

【お知らせ】まん延防止等重点措置における感染症対策

新潟県長岡市の髪と地肌にやさしい
大人のマンツーマンヘアサロン
RIVERS(リバース)です。

【J2アルビ】ホーム最終節を負けて今季6位! 第42節 新潟 0-2 町田

【J2アルビ】 ホーム最終節を負けて 6位で終了!  第42節 新潟 0-2 町田
画像:アルビレックス新潟

今回は「サッカーJ2アルビレックス新潟」について。

ホームでの最終節、田中達也選手の引退、
アルベルト監督の退任で最後の試合だったんですが
負けてしまいました。

J2第42節 
アルビレックス新潟 0-2 町田ゼルビア

最後の試合で0得点とはさみしい限りです。
アルベルト監督の求めるポゼッションサッカー、
ボール支配率を高めることではうまくいったんですが

いかんせん後半戦は得点が取れず
勝ち点を増やせませんでした。

結果、終わってみればJ1昇格はおろか
昇格争いもできずに終了。

それでも昨季から順位を上げて
J2で過去最高の6位となりました。

単純に言って
過去最高という順位を喜びたいところなんですが

リーグ序盤の快進撃からすればJ1昇格を逃したことに
大きな失望を抱いているサポーターも多いことでしょう。

さらにはその快進撃の礎を築いたアルベルト監督が
今季限りで退任。

来季のアルビへの不安を抱く方も大きいと思います。

J2アルビ 第42節出場メンバー(交代)

J2アルビ 第42節出場メンバー(交代)
画像:アルビレックス新潟

FW

    田中

   (三戸)

MF

高木  鈴木  ロメロ

(高澤)   (谷口)

   福田 高

     (島田)

DF

田上 舞行龍 千葉 藤原

(堀米)

GK

      阿部

メンバー考察:

今季で引退のFW田中達也が最終節にして今季初先発。
怪我の影響もあったようで
今季1試合限りというのが悔やまれます。

こうやってメンバーを見ると悪くない、
けっこういいメンバーが交代を含めて揃っているんですが

それでもJ1昇格争いにすら届かなかったというのが
残念ながら現在のアルビの実力です。

さらにはいい選手はJ1、J2クラブに引き抜かれます。

キーマンの高木や本間はアルベルト監督が
FC東京に連れていくとの噂も出ていますが

谷口や高、福田、島田、GK阿部など
引き抜かれてもおかしくない選手がゴロゴロといます。(苦笑)

来季から監督が代わってどんなスタイルになるか
まだわかりませんがリーグ前半戦のような
躍動感あふれるサッカーを期待したいですね。

ダイジェスト

前半戦は何度も崩されてFWドゥドゥがシュートという
パターンを作られていましたね。
FWドゥドゥが何度もミスをしてくれて助かりました。

40分、コーナーキックから失点

40分、コーナーキックから失点
画像:アルビレックス新潟

今季に多かったのがコーナーキックや
セットプレーからの失点。

マンマークではなくてゾーンで守っているせいなのか
失点が多かったですね。

逆にアルビはセットプレーからの得点が少なかったです。

完全にトリックプレーからしてやられました。
あれだけゴール前に人がいてもワンタッチで失点です。

寄せが甘い、ボールウォッチャー気味になる。
来季はこういった基本的なことを改善してほしいですね。

68分、2失点目 FWドゥドゥの得点!

68分、2失点目 FWドゥドゥの得点!
画像:アルビレックス新潟

前半に何度も失敗していたFWドゥドゥがようやく得点。

これがストライカーなんですよね。
何度失敗しようともチャレンジして最後にはゴールを獲る。
これが生粋のストライカーなんです。

FW鈴木、谷口などアルビFW陣にもこういった
ドゥドゥのプレーを学んでほしいです。
(総得点は2人の方が上回っていますが)

町田は子気味よいパスワークで簡単に得点。
これって本来アルビがやりたいスタイルなんですよねぇ。(苦笑)

この失点は前線からのプレスが全然決まっていないので
フリーな町田選手にどんどんボールが回るので
簡単に不利な展開になりました。

誰も寄せない、誰もマークにつかないで
引いてしまって結局ゴールを許してしまったという
情けないシーンです。

最終節にこんな失点で終えるなんて
モチベーションが下がりますよね。

選手も来季は監督が変わるからモチベーションが
下がっていたんでしょうか。

最終節にホームに足を運んだサポーターが
ちょっとかわいそうです。

アルビは約6割のボール支配率がありながら、
パス成功率が87%と9割近い数字を出しておきながら
結局は0-2で完敗しているんですね。

このデータと勝敗の違い。
ただボールを回しているだけでは勝てないということを
来季の改善ポイントとしてほしいです。

リーグ最終節、なす術もなく0-2で負けてしまいました。

来季はどうなるアルビっ!?

【ハイライト】アルビレックス新潟 vs FC町田ゼルビア【J2第42節 2021.12.5】

アルビの順位

アルビの順位は6位です。

J2に落ちてから最高の順位です。

それでも今季序盤の快進撃から比べると
なんかさみしいですねぇ。

できればJ1昇格争いを続けてほしかった、
もしくは圧倒してJ1昇格をしてほしかったです。

J1昇格の磐田、京都と比べても
勝ち点が20ポイント近く差があります。

あと6、7試合ほど勝利数を増やさないと
アルビはJ1昇格できません。

特にアルビは下位との試合を引き分けたり負けたり
することがあったので確実に勝つくらいにならないと
J1昇格はまだ無理ということになります。

まとめ

今回は「サッカーJ2アルビレックス新潟」。

ホームでの最終節、田中達也選手の引退、
アルベルト監督の退任で最後の試合だったんですが
負けてしまいました。

J2第42節 
アルビレックス新潟 0-2 町田ゼルビア

最後の試合で0得点とはさみしい限りです。
アルベルト監督の求めるポゼッションサッカー、
ボール支配率を高めることではうまくいったんですが

いかんせん後半戦は得点が取れず
勝ち点を増やせませんでした。

結果、終わってみればJ1昇格はおろか
昇格争いもできずに終了。

それでも昨季から順位を上げて
J2で過去最高の6位となりました。

来季はどうなるアルビっ!?

参考:

アルビレックス新潟公式サイト

sportsnavi

RIVERS(リバース)

はじめての方へ ・店内の様子

お客さまの声 ・Q&A

メニュー ・地図

長岡市の髪と地肌にやさしい
大人のマンツーマンヘアサロン
美容室 美容院 理容室
RIVERS HAIR FORUM
リバース ヘア フォーラム

RIVERSのホームページ

rivers

https://rivershair.com/

RIVERSの公式ブログ

https://rivershair.com/blog

RIVERSの公式FBページ

リバース公式FBページ

RIVERS公式Instagram

リバース公式Instagram rivershairforum

RIVERSのLINE公式アカウント

アカウント名:RIVERSHAIRFORUM ベーシックID:@672qvrde

友だち追加


マンツーマン担当のためお早めのご予約をお待ちしています。

はじめての方もお気軽にご連絡くださいね。

TEL(0258)32-2351

そのほかLINE、メール、FBページ、InstagramのDM、メッセンジャーからでもOKです。

おまけ:
1日1回リバースを応援ありがとう!(笑)
今日のRIVERSの順位をチェック!


新潟県長岡市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長岡情報へ
にほんブログ村

編集後記:

気づいてみれば今シーズンがあっという間に
終わってしまいました。

東京オリンピックによる中断明けから
アルビは失速してしまいました。

各クラブがアルビ対策を徹底したからです。

アルビも対策をさらに上回る戦術を繰り広げられれば
よかったんですがアルベルト監督の神通力もこれまで。

最後まで得点力不足の低下の改善を図ることが
できませんでした。

惜しむらくは夏の移籍を1人だけにしてしまったことと
外国人選手を加入させなかったことです。

正直、ベテランのFW高澤だけでは補強は厳しいと
感じていました。

そのFW高澤が今季は1得点で期限付き移籍期間も満了。
寂しすぎます。

さらには大本、ゴンサロ、ロメロの契約も満了。
今季アルビ躍進の立役者になったロメロ・フランクも
契約満了とはプロの世界は厳しいものです。

最後にアルベルト監督が退任。
J1のFC東京へ移籍、じゃなかった監督として就任します。

アルビの方は来季は松橋力蔵コーチが監督に就任します。
19年には横浜Mのコーチとしてリーグ優勝を牽引、

J2新潟 新監督に松橋コーチ攻撃的サッカー継続へ

引用:新潟日報 スポーツモア

今季からアルビのコーチとしてアルベルト監督を支えていただけに
バルサスタイルの良さと横浜Mの鋭いカウンターサッカーが
融合すればこれは楽しみなことになりそうです。

まず来季にどれだけのメンバーが残ってくれるかわかりませんが
楽しいワクワクするようなサッカーを魅せてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください