【J2アルビ】4試合ぶりの勝利っ! 第30節 東京 1-3 新潟

【お知らせ】新しい生活様式に伴うお客さまへのお願い

【お知らせ】リバースの新型コロナウイルスにおける3密対策

【お知らせ】リバースの新型コロナウイルスにおける感染症対策

【お知らせ】新型コロナワクチンを接種される方へ

新潟県長岡市の髪と地肌にやさしい
大人のマンツーマンヘアサロン
RIVERS(リバース)です。

【J2アルビ】4試合ぶりの勝利っ! 第30節 東京 1-3 新潟

【J2アルビ】4試合ぶりの勝利っ! 第30節 東京 1-3 新潟

サッカーJ2アルビレックス新潟ニュース。

アルビ、4試合ぶりの勝利ですっ!

J2第30節 
東京ヴェルディ 1-3 アルビレックス新潟 
アルビ得点者:三戸、ロメロ、鈴木

前半戦にホームで7-0と歴史的大勝していたので
相性のいい相手と思われていましたが
勝つのはここしかないと思っていました。

前回の試合と同様に相性のいい三戸のゴールで先制。
ロメロ、鈴木と加点して相手を寄せつけませんでした。

この試合が転機となってもうひと踏ん張り、
ラストスパートで勝ち続けてほしいですね。

アルビのフォーメーション

アルビのフォーメーションは
4-2-3-1です。

J2アルビ 第30節出場メンバー(交代)

J2アルビ 第30節出場メンバー(交代)
画像:アルビレックス新潟公式チャンネル

FW

    谷口

   (鈴木)

MF

ロメロ  高木  三戸

(本間)(福田)(星)

  島田 高

DF

堀米 舞行龍 千葉 早川

(藤原)

GK

      阿部

メンバー考察:

前節からはメンバーが代わって
右MFにMF三戸が先発。

この采配がハマって三戸が
前回の東京戦に続いてゴールを決めました。

3試合ぶりにDF千葉がCBに復帰。
DF早川が右SBにスライド。

この日は選手の采配、交代策が
完璧にハマった転機となる試合かもしれません。
交代枠5人全部活用してフルに使う全員サッカー。

この勝つための貪欲な姿勢、
絶対に負けないぞという気迫を感じさせます。

やはりポジションは餅は餅屋でFWはFWと交代、
MFはMFと交代、DFはDFと交代というのが
一番しっくりきます。

谷口、鈴木、高澤のFW3人を使っても
勝てなかった、得点がうまれなかったのがその理由です。

FWにはFWの仕事、MFにはMFの仕事があります。
うまくそのポジションに当てはまれば谷口、もしくは鈴木が
得点します。

ロメロも左MFに変えたりと変化があったのが
いいですね。

後半にMF本間、星が出てくれば相手にとっては
脅威です。

さらに疲れが見えるDFも交代させるのが望ましい。
今節では控えに回ったDF藤原を使いました。

この全員サッカー、泥臭いサッカー、
ポジションも選手も変えていくような変幻自在の
相手に読まれないサッカーがアルビの真骨頂、

J1昇格へ向けてのアルベルト監督の集大成を
体現させたかのような采配と試合結果となりました。

ダイジェスト

14分、1得点目 MF三戸のスーパーゴールで先制っ!

14分、1得点目 MF三戸のゴールっ!
画像:アルビレックス新潟公式チャンネル

相手GKのパンチングのこぼれ球を拾ったMF三戸
ひらりひらりと相手をかわしてミドルレンジからの
グラウンダーシュートが決まりましたっ!

いやぁ~これはアメイジングっ!!
GKマテウスも動けず見送ってしまいました。
スローで見るとDFに当たって軌道が変わったようです。

MF三戸のスーパーゴールで幸先の良い先制点を
獲得しました。

MF三戸は8月のU-20日本代表候補の合宿で
刺激を受けたと言います。

う~む、これはまるで全盛期のMF本間を見ているようです。
まさに本間2世。今後も三戸を出場させてほしいですね。

これで本間もいつまでもくすぶっていては
後輩の三戸に先を越されてしまします。
お互いに高め合って行ってほしいですね。

52分、2得点目 MFロメロのゴールっ!

52分、2得点目 MFロメロのゴールっ!
画像:アルビレックス新潟公式チャンネル

この2点目でアルビの復調を確信しました。

カウンターからMF高木、MFロメロとつなげた
手数の少ないシンプルなゴール。
これぞアルビスタイルです。

逆に東京さんのように真っ向からアルビと戦ってくれる
相手の方が相性がいいですね。

この2得点はFW鈴木が効いているんですね。
FW鈴木がニアにダイアゴナルランで詰めているので
そちらに守備の意識が向いているんです。

こうやってファーから詰めるMFロメロのポジショニングも
確認して動ける鈴木はまさにいぶし銀、得点を取るだけが
ストライカーじゃなくて得点に絡むのもストライカーの役割です。

こういった複合的な要素が絡まっての素晴らしいゴール。
アルビらしさが凝縮されたゴールです。

今までのアルビはふわりとしたサイドクロスが多かったです。
しかも相手の守備が整ってからだったのでなかなか得点に
なりませんでした。

この2得点目のようなカウンターでの守備が整わないうちの
アーリークロス、しかもグラウンダー性のクロスで
守備は対応しにくく、攻撃側は当たれば得点しやすいという攻撃でした。

この2得点目の2-0のあとすぐにMF高木からMF福田に代えた
アルベルト監督采配もすごいです。

ここから4-3-3にフォーメーションを代えて
中央を締めていこうという表れです。

58分、1失点目 PKで失点

58分、1失点目 PKで失点
画像:アルビレックス新潟公式チャンネル

2得点目で締めにかかろうかという時に
不運なファウルでPKで失点。

ペナルティエリア内でDF早川が接触して相手がうまく転んだ、
またはスリップしたように見えましたがファウル判定でPK。

確かにDF早川が遅れて追って相手が先に
ボールに身体を入れていますから有利な状況でした。

ちょっとPK判定は厳しいですがその前の状況を
作ってしまった時点で不利です。

完璧な守備ができていれば防げたシーンです。

90分、3得点目 FW鈴木のゴールっ!

90分、3得点目 FW鈴木のゴールっ!
画像:アルビレックス新潟公式チャンネル

1点返した東京が息を吹き返して
猛攻を続きましたがなんとかしのいだアルビ。
最後にご褒美が待っていました。

ディフェンスラインでパス交換をしていた東京守備陣に
対してFW鈴木がプレス。

そこでなんとGKマテウスがパスミスでFW鈴木がカット。
無人のゴールへボールを流し込みました。

2得点目のデコイランで相手を引きつけたりと
いぶし銀の活躍をしていた鈴木。

後半の最後の最後までさぼらずにプレスを続けていると
こうやって思わぬ形でボールが来るんですねぇ。

ひたむきに頑張っている選手にサッカーの神様が
プレゼントしてくれるんです。

結果、3-1で東京ヴェルディに勝ちました。
アルビは4試合ぶりの勝利となりました。

アルビの順位

勝っても順位は3位のままです。
4位の甲府と並んでいます。

5位町田、6位長崎も上がってきているので
1試合も負けられない試合が最後まで続きます。

【ハイライト】アルビレックス新潟 vs 東京ヴェルディ【J2第30節 2021.9.19】

まとめ

サッカーJ2アルビレックス新潟ニュース。

アルビ、4試合ぶりの勝利ですっ!

J2第30節 
東京ヴェルディ 1-3 アルビレックス新潟 
アルビ得点者:三戸、ロメロ、鈴木

ヴェルディさんとは
前半戦にホームで7-0と歴史的大勝していた
相性のいい相手なので勝つのはここしかないと思っていました。

前回の試合と同様に相性のいいMF三戸のゴールで先制。
ロメロ、鈴木と加点して相手を寄せつけませんでした。

この試合が転機となってもう1段階ギアを上げて
ラストスパートで勝ち続けてほしいですね。

頑張れアルビっ!

参考:

アルビレックス新潟公式サイト

sportsnavi

RIVERS(リバース)

はじめての方へ ・店内の様子

お客さまの声 ・Q&A

メニュー ・地図

長岡市の髪と地肌にやさしい
大人のマンツーマンヘアサロン
美容室 美容院 理容室
RIVERS HAIR FORUM
リバース ヘア フォーラム

RIVERSのホームページ

rivers

https://rivershair.com/

RIVERSの公式ブログ

https://rivershair.com/blog

RIVERSの公式FBページ

リバース公式FBページ

RIVERS公式Instagram

リバース公式Instagram rivershairforum

RIVERSのLINE公式アカウント

アカウント名:RIVERSHAIRFORUM ベーシックID:@672qvrde

友だち追加


マンツーマン担当のためお早めのご予約
をお待ちしています。

はじめての方もお気軽にご連絡くださいね。

TEL(0258)32-2351

そのほかメール、FBページ、InstagramのDM、メッセンジャーからでもOKです。

おまけ:
1日1回リバースを応援ありがとう!(笑)
今日のRIVERSの順位をチェック!


新潟県長岡市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長岡情報へ
にほんブログ村

編集後記:

DF早川はサイドバックに回った方が攻守に
存在感を発揮しますね。

これであえて藤原を交代に取って置くこともできます。
SBの交代が田上しかいなかったのでこれは思わぬ収穫です。

あと12試合とまさにリーグ終盤戦で
負けられない戦いが続きますが

今節のようなプランで戦えば勝てる!
そんな勢いを感じさせる転機となる試合だったかもしれません。

まさに全員サッカーでやり繰りして
控え枠も全部使い切って戦わないとJ1には昇格できません。

残念ながら1位の京都、2位の磐田もほとんど負けないので
なかなか勝ち点10差を追いつくのは容易なことではありません。

でも今節のような内容の試合を続ければまたリーグ前半戦のような
残り12試合勝利、または無敗も夢ではありません。

ここで踏ん張って勝てたのはすごいとは思います。

様々なプランや戦術、選手のやり繰りを考えている
フロント陣やアルベルト監督の修正力、改善力にしびれましたね。

これです、こういう戦い方を観たかったんですね。
これならサポーターも納得する戦い方です。

全員サッカー、交代枠を全部使う、
相手によってスタイルを変える変幻自在のサッカー。
観ていてワクワクするスペクタクルなサッカー。

こういったアルビスタイルを伝統的に作り上げてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください