【日本代表U24】準決勝、延長戦で力尽きる! 日本 0-1 スペイン

【お知らせ】新しい生活様式に伴うお客さまへのお願い

【お知らせ】リバースの新型コロナウイルスにおける3密対策

【お知らせ】リバースの新型コロナウイルスにおける感染症対策

【お知らせ】新型コロナワクチンを接種される方へ

新潟県長岡市の髪と地肌にやさしい
大人のマンツーマンヘアサロン
RIVERS(リバース)です。

【日本代表U24】準決勝、延長戦で力尽きる! 日本 0-1 スペイン

【日本代表U24】準決勝、延長戦で力尽きる! 日本 0-1 スペイン

東京オリンピック、サッカー男子、準決勝。
強豪スペインと延長戦までいきましたが力尽きました。

準決勝 
日本 0-0 スペイン 
延長 0-1

やはりスペインは強かったですね。
最後の1本のパス、1本のシュートが勝敗を分けました。

3位決定戦でなんとか銅メダルを獲得してほしいですね。

日本代表U-24のフォーメーション

日本代表U-24のフォーメーションは4-2-3-1です。

日本代表U-24 出場メンバー(交代)

FW

     林
   (上田)

MF

旗手  久保  堂安

(相馬)(三好)(前田)

  田中 遠藤

(橋岡)

DF

中山 板倉 吉田 酒井

GK

    谷

メンバー考察:

守備に追われる時間が長くて
攻撃陣のよさが出にくかったですね。

後半に上田、三好、前田を投入するも
ほとんど攻撃に回る時間がありませんでした。

CB富安がイエローカード累積で
欠場だったのが残念ですね。

最後にDFの橋岡を入れてCB吉田を上げて
パワープレイのようになりましたがさほど効果が
出なかったのでMF三笘の方がよかったですね。

そもそも久保と堂安が下がった時点で
勝てるチャンスはほぼなくなった感じがしました。

森保監督は勝負に出て延長戦から三好、前田を投入しましたが
そのまま使ってPK戦に持ち込んだ方がまだ勝率が上がったかも
しれませんが叶いませんでしたね。

今大会ではストライカーである林、上田が無得点ということで
ここも勝敗を分けるポイントとなりました。

世界では決定的な仕事ができる点取り屋がいます。
大事な試合で得点を取れる選手、これが勝敗を決めます。

決勝点を挙げたアセンシオはレアル・マドリードです。
やっぱり役者が違いますね。

ちなみにペドリはバルセロナで市場価値が100億円です。
しかもまだ18歳でMF久保より若いんです。(苦笑)

延長戦で0-1で負けましたが日本代表がいかに
善戦したのがわかりましたでしょうか。

ダイジェスト

ポゼッションからしてスペインが優位な状態が
続く試合でした。

スペインはパスもうまいし守備もいいので
日本は攻めあぐねましたね。

日本も守備はOAの吉田、酒井、遠藤を中心に
よかったんですが攻撃面での攻め上がり方など
スペインの方が上手でしたね。

試合は今までの転ぶサッカーやファウルを狙いにいく
サッカーと違ってガチンコの試合がよかったですね。
ミスジャッジも少なかったと思います。

日本は耐えて耐えて少ないチャンスで攻め上がりましたが
なかなかシュートチャンスまで行かない、
もしくはシュートしても枠外。決定機が少なかったですね。

それくらいスペインは守備もよかったですね。

オフザボール、ボールを持っていない時の動き出しや
ポジショニングもスペインの方が上手でした。

バルセロナのようなトライアングルポジションを
取ったり緩急をつけた動き出しやワンツーパスなど
もう伝統の形が出来上がっているんですね。

この点で日本はまだまだチームでの習熟度や
個人の基本的なパスやトラップのレベルがまだまだ
スペインやブラジルなどの強豪に比べるとその差が露呈します。

日本代表は守備の点では世界の強豪ともなんとか
渡り合えることがわかりましたのであとは攻撃面、得点力を
身に着けたり、

得点までの決定機を作り出すパス回しやポジショニングなどの
形や流れを磨いていってほしいですね。

115分、1失点目

115分、1失点目
画像:日テレ

交代出場のアセンシオ(レアルマドリード)のゴールで失点。

もうこれは芸術的な左足でのゴール。
久保の得意なパターン、またはロッベンの得意なシュートですね。

ここまで狙いすませる一瞬の隙を作ってしまったのが
失点の原因ですね。

ペナルティエリア内でのたった1本のパスを通されただけで
守備が追いつけない一瞬の隙ができたんです。

画像:日テレ

こういったペナルティエリア内での危険なゴールの匂いのする
シーンが日本代表には少なかったですね。この点が将来への課題です。

しかしこの角度のない中でシュートを決めたアセンシオには
アッパレですね。

これだけ実力差のあるスペインに対して
延長戦までもつれ込んで善戦した日本代表U-24にもアッパレですね。

まとめ

東京オリンピック、サッカー男子、準決勝。
強豪スペインと延長戦まで善戦しましたが力尽きました。

準決勝 
日本 0-0 スペイン 
延長 0-1

やはりスペインは強かったですね。
最後の1本のパス、1本のシュートが勝敗を分けました。

3位決定戦でなんとか銅メダルを獲得してほしいですね。

頑張れ日本っ!

参考:

JFA.jp

RIVERS(リバース)

はじめての方へ ・店内の様子

お客さまの声 ・Q&A

メニュー ・地図

長岡市の髪と地肌にやさしい
大人のマンツーマンヘアサロン
美容室 美容院 理容室
RIVERS HAIR FORUM
リバース ヘア フォーラム

RIVERSのホームページ

rivers

https://rivershair.com/

RIVERSの公式ブログ

https://rivershair.com/blog

RIVERSの公式FBページ

リバース公式FBページ

RIVERS公式Instagram

リバース公式Instagram rivershairforum

マンツーマン担当のためお早めのご予約
をお待ちしています。

はじめての方もお気軽にご連絡くださいね。

TEL(0258)32-2351

そのほかメール、FBページ、InstagramのDM、メッセンジャーからでもOKです。

おまけ:
1日1回リバースを応援ありがとう!(笑)
今日のRIVERSの順位をチェック!


新潟県長岡市ランキング

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長岡情報へ
にほんブログ村

編集後記:

いやぁ~、やっぱりスペインは強かったですねぇ。

疲れもあるのに圧倒的でした。
パスのセンス、トラップの技術、パスコースを消す守備、
ポジショニングなどなどこれぞサッカーというものが見れてよかったです。

攻撃のパターンがいくつもあるのもいいですね。

日本はもっともっと攻撃パターンを増やしたり
パスやトラップ、ポジショニングといった
基本的な技術を上げていかないと勝てません。

さらにはゴールへ迫る勢いや枠内シュートなどの
シュート精度ですね。

スペイン代表は市場価値もさることながら
そのプレッシャー、重圧も日本勢の比ではありません。

格下には勝って当たり前、優勝して当たり前のチームは
背負うものがまた違うんです。

日本も冨安や久保、堂安、谷といった若い選手が
日本代表に出てきましたからあとは海外リーグで活躍する、
ビッグクラブで活躍する選手が出てこないとまだまだ
世界との差は開いたままですね。

オリンピックのすべてのスポーツにも言えることですが
日本勢も目覚ましい成長をしていますが
海外勢も同じく成長しているんですね。

スケートボードでは10代前半の選手がメダルを取るくらいです。
日本人選手もメダルを取った選手のほとんどが10代、20代前半だと思います。

そのくらいスポーツの世界では低年齢化が進んでいるんですね。

スペイン代表のペドリ(バルセロナ)は市場価値が100億円で
まだ若干の18歳です。

久保や堂安、冨安、谷を入れても敵わないくらいの選手が
世界にはいるんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください